【卵巣がん:プラチナ抵抗性】「キイトルーダ+ニラパリブ」

プラチナ製剤抵抗性の人が「キイトルーダニラパリブ」治療を受けた結果、18%の人で腫瘍が縮小した。PD-L1陽性、前治療数が1−2ラインの人で奏効率はより高く、それぞれ21%、28%であった。BRCA陽性の人の奏効率は18%であり、BRCA野生型の人(19%)との差は少なかった。

【発表】

2019年6月13日

【試験名】

TOPACIO/KEYNOTE-162(Phase1/2)〔NCT02657889

【原著】

JAMA Oncol. 2019;5:1141-1149. [PMID:31194228]