【大腸がん(RAS野生型):一次治療】「FOLFOX+ベクティビックス」vs「FOLFOX」

初めての化学療法を考える場合、RAS変異がなければ「FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療の追加を選択することで無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

RAS変異はなくても、BRAF変異がある場合、「ベクティビックス」治療の追加を選択する根拠はなくなる。

RAS変異がない場合 → 「FOLFOXベクティビックス

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が7.9ヵ月から10.1ヵ月に(p=0.004)、生存期間が20.1ヵ月から26.1ヵ月に延長(p=0.04)。

RAS変異がある場合 → 「FOLFOX

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が8.7ヵ月から7.3ヵ月に(p=0.008)、生存期間が19.2ヵ月から15.6ヵ月に短縮(p=0.03)。

KRAS exon2野生型の場合 → 「FOLFOXベクティビックス

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が8.0ヵ月から9.6ヵ月に延長(p=0.02)。生存期間は「FOLFOX」で19.7ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で23.9ヵ月、差なし(p=0.07)。

KRAS exon2変異型の場合 → 「FOLFOX

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が8.8ヵ月から7.3ヵ月に短縮(p=0.02)。生存期間は「FOLFOX」で19.3ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で15.5ヵ月、差なし(p=0.07)。

KRAS exon2野生型、別のRAS変異がある場合 → 「FOLFOX

無増悪生存期間は「FOLFOX」で8.0ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で7.3ヵ月、差なし(p=0.33)。生存期間は「FOLFOX」で18.3ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で17.1ヵ月、差なし(p=0.31)。

RAS変異もBRAF変異もない場合 → 「FOLFOXベクティビックス

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が9.2ヵ月から10.8ヵ月に(p=0.002)、生存期間が20.9ヵ月から28.3ヵ月に延長(p=0.02)。

RAS変異はないが、BRAF変異がある場合 → 「FOLFOX

無増悪生存期間は「FOLFOX」で5.4ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で6.1ヵ月、差なし(p=0.12)。生存期間は「FOLFOX」で9.2ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で10.5ヵ月、差なし(p=0.76)。

RAS変異もBRAF変異もある場合 → 「FOLFOX

FOLFOX」レジメンに「ベクティビックス」治療を追加することで、無増悪生存期間が8.0ヵ月から7.3ヵ月に短縮(p=0.03)。生存期間は「FOLFOX」で18.0ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で15.3ヵ月、差なし(p=0.06)。

KRAS exon2野生型、別のRAS変異もBRAF変異も陽性の場合 → 「FOLFOX

無増悪生存期間は「FOLFOX」で7.3ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で6.7ヵ月、差なし(p=0.80)。生存期間は「FOLFOX」で15.8ヵ月、「FOLFOXベクティビックス」で14.8ヵ月、差なし(p=0.51)。

【発表】

2013年9月12日

【試験名】

PRIME(Phase 3)〔NCT00364013

【原著】

N Engl J Med. 2013;369:1023-34. [PMID:24024839]

【外部リンク】