【BRCA陽性去勢抵抗性前立腺がん:二次治療】「リムパーザ」vs「イクスタンジ」

BRCA1、BRCA2、ATM遺伝子の変異を有し、1ラインの新規ホルモン療法薬治療後に増悪した人が次の治療を考える場合、「リムパーザ」治療を選択することで、「イクスタンジ(またはザイティガ+プレドニゾン)」無増悪生存期間の延長が期待できる。

リムパーザ」治療の主な有害事象は貧血、悪心。

【発表】

2020年4月28日

【試験名】

PROfound(Phase 3)〔NCT02987543

【原著】
N Engl J Med 2020; 382:2091-2102. [PMID: 32343890]

【内部リンク】

【外部リンク】