【KRAS野生型大腸がん:三次治療】「アービタックス+イリノテカン」

一次治療としてアービタックスを含むレジメンで臨床効果が得られた34名が三次治療として「アービタックス(リチャレンジ)+イリノテカン」治療を受けた結果、44.1%の人が3ヵ月後も増悪なく生存できた。

【発表】

2020年8月31日

【試験名】

JACCRO CC-08(hase 2)〔UMIN000010638

【試験実施国】

日本

【原著】

Br J Cancer. 2020 Aug 31. [PMID: 32863385]