【EGFR陽性肺がん:二次治療】「タグリッソ+サイラムザ」

EGFR-TKI治療後に病勢が進行し、T790M変異が確認された非小細胞肺がん25人が「タグリッソサイラムザ」併用療法を受けた結果、76%の人が治療に奏効し、13.4ヵ月奏効が持続した。中枢神経系転移のある人では60%の人が治療に奏効し、10.9ヵ月間増悪なく生活できた。中枢神経系転移のない人では87%の人が治療に奏効し、14.7カ月間増悪なく生活できた。

【発表】

2020年10月12日

【試験名】

JVDL(Phase 1)〔NCT02789345

【原著】

Clin Cancer Res. 2020 Oct 12 [PMID: 33046516]