【マントル細胞リンパ腫:四次治療】ピルトブルチニブ

マントル細胞リンパ腫と診断され、BTK阻害薬治療を受けたことがある52人が「ピルトブルチニブ」治療を受けた結果、52%の人が治療に奏効した。また、慢性リンパ性白血病または小リンパ球性リンパ腫と診断され、BTK阻害薬治療を受けたことがある121人が「ピルトブルチニブ」治療を受けた結果、62%の人が治療に奏効した。

グレード3以上の有害事象で最も多かったのは好中球減少(10%)であった。「ピルトブルチニブ」治療を受けた1%(5例)が治療関連有害事象により治療中止に至った。

【発表】

2021年3月6日

【試験名】

BRUIN(Phase 1/2)〔NCT03740529

【原著】

Lancet 2021; 397: 892-901.  [PMID: 33676628]

【外部リンク】