【BRCA陽性乳がん(アジア人):二次・三次治療(PFS、OS)】「タラゾパリブ」vs「化学療法」

2種類以下の化学療法歴があり、BRCA遺伝子陽性の人が次の治療を考える場合、アジア人であってもPARP阻害薬「タラゾパリブ」治療を選択することで「化学療法」を選択した場合に比べ、良好な無増悪生存期間が期待できる。

タラゾパリブ」治療を受けた人の62.5%が治療に奏効した。化学療法の奏効率は25.0%であった。

【発表】

2021年3月24日

【試験名】

EMBRACA(Phase 3)〔NCT01945775

【原著】

Cancer Res Treat . 2021 Mar 24. [PMID: 33781053]

【内部リンク】