【乳がん】「パクリタキセル(毎週投与)」vs「パクリタキセル(3週毎投与)」

遠隔転移を認める乳がんと診断された、または手術後に再発した女性が次の治療を考える場合、「パクリタキセル80mg/㎡を毎週」投与する治療を選択することで、「パクリタキセル175mg/㎡を3週毎」に投与する治療を選択した場合を上回る奏効率と生存期間が期待できる。

【発表】

2008年4月1日

【試験名】

CALGB 9840(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2008 ;26:1642-9. [PubMed: 18375893]

【こちらの図鑑も合わせてみる】