【卵巣がん(BRCA陽性):一次治療後維持療法(PFS)】「リムパーザ+アバスチン」vs「アバスチン」

PAOLA-1(Ann Oncol)                       

進行卵巣がんと診断された女性が「化学療法+アバスチン」による一次治療が完了し、病勢の進行が認められなかった後の維持療法を考える場合、「アバスチン」に「リムパーザ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。生殖細胞系列BRCA1/2変異陽性の女性では、「リムパーザ」の上乗せ効果は変異部位に関係なく認められるが、特に DNA結合ドメインに位置する変異を有していた女性では特に高い効果が期待できる。

【発表】

2022年11月28日

【試験名】

PAOLA-1(Phase 3)〔NCT02477644

【試験参加国】

オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、日本(愛媛大学医学部附属病院、兵庫県立がんセンター、筑波大学附属病院、鹿児島大学病院、埼玉医科大学国際医療センター、自治医科大学附属病院、国立がん研究センター中央病院)、モナコ、スペイン、スウェーデン

【原著】

Ann Oncol. 2023 ;34:152-162.  [PubMed: 36564284]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【卵巣がん:一次治療後維持療法(PFS)】「リムパーザ+アバスチン」vs「アバスチン」
PAOLA-1(NEJM)                           進行卵巣がんと診断され、一次治療としての「化学療法+アバスチン」治療が完了し病勢の進行が認められなかった後の維持療法を考える場合、「アバスチン」に「リムパーザ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の ...
【卵巣がん:一次治療後維持療法(OS)】「リムパーザ+アバスチン」vs「アバスチン」
PAOLA-1(Ann Oncol)                        進行卵巣がんと診断された女性が「化学療法+アバスチン」による一次治療が完了し、病勢の進行が認められなかった後の維持療法を考える場合、「アバスチン」に「リムパーザ」の上乗せを選択することでHRD陽性 ...
【卵巣がん(BRCA陽性):一次治療後維持療法(PFS)】「リムパーザ+アバスチン」vs「アバスチン」
PAOLA-1(Ann Oncol)                        進行卵巣がんと診断された女性が「化学療法+アバスチン」による一次治療が完了し、病勢の進行が認められなかった後の維持療法を考える場合、「アバスチン」に「リムパーザ」の上乗せを選択することで無増悪生存 ...