【悪性黒色腫:一次治療(PFS)】「レラトリマブ+オプジーボ」vs「オプジーボ」

進行悪性黒色腫と診断された人が初めての治療を考える場合、「オプジーボ」治療に「抗LAG-3抗体レラトリマブ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。試験では「オプジーボ」治療に「抗LAG-3抗体レラトリマブ」の上乗せを選択することで1年無増悪生存率が36.0%から47.7%に向上した。

レラトリマブオプジーボ」治療を受けた18.9%の人がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した(vs 9.7%)。

【発表】

2022年1月6日

【試験名】

RELATIVITY-047(Phase 3)〔NCT03470922

【試験参加国】

米国、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシア、イスラエル、イタリア、メキシコ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポーランド、ルーマニア、ロシア、スペイン、スウェーデン、英国

【原著】

N Engl J Med. 2022 ;386:24-34. [PubMed: 34986285]

【さらに詳しく】