【慢性リンパ性白血病:二次治療(OS)】「イデラリシブ+トレアキシン+リツキサン」vs 「トレアキシン+リツキサン」

再発・難治性の慢性リンパ性白血病の人が次の治療を考える場合、「トレアキシンリツキサン」治療にPI3Kδ阻害薬「イデラリシブ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間および生存期間の延長が期待できる。

試験では、「イデラリシブトレアキシンリツキサン」治療を受けた人の生存期間は40.6ヵ月、「トレアキシンリツキサン」治療を受けた人の生存期間は34.6ヵ月であった。

イデラリシブトレアキシンリツキサン」治療が長くなることによって、下痢、大腸炎、肺炎を経験するリスクが増加する。

【発表】

2019年4月17日

【試験】

Phase 3〔NCT01569295

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Apr 17. [PMID:30995176]

【内部リンク】