【乳がん:術後治療】「逐次投与(3週毎)」vs「同時投与(3週毎)」

手術後にアントラサイクリン系抗がん剤とタキサン系抗がん剤による術後補助化学療法を考える場合、「3週毎の逐次投与」の選択は「3週毎の同時投与」を選択した場合に比べ、10年再発率、10年乳がん死率の低下が期待できる。

アントラサイクリン系抗がん剤とタキサン系抗がん剤の「逐次投与(3週毎)」と「同時投与(3週毎)」を無作為化比較した下記の6つの試験のメタ解析の結果。

  1. BIG 02-98 J Natl Cancer Inst. 2008 16;100:121-33. [PMID: 18182617]
    Ann Oncol. 2013 ;24:1203-11. [PMID:23293111]
  2. NSABPB-30 N Engl J Med. 2010 ;362:2053-65. [PMID: 20519679]
  3. BCIRG 005 Ann Oncol. 2016 ;27:1041-7. [PMID: 26940688]
    J Clin Oncol. 2011 ;29:3877-84.   [PMID: 21911726]
  4. HORG CT/01.04
  5. BOOG2007-02 Eur J Cancer. 2013 ;49:3102-10. [PMID: 23850450]
  6. GEICAM2003-10 J Clin Oncol. 2015 ;33:3788-95. [PMID: 26416999]
    Acta Oncol. 2011 Jan;50(1):35-41.  [PMID: 21174610]

【発表】

2019年2月8日

【分析グループ名】

EBCTCG

【原著】

Lancet. 2019;393:1440-1452. [PMID: 30739743]

【内部リンク】

【外部リンク】