【HR陽性乳がん:術後治療】「フェマーラ+ゾメタ」vs「タモキシフェン」

閉経前でHR陽性の人が、手術後の補助療法を考える場合、「フェマーラゾメタ」治療を選択することで、「タモキシフェン」治療を選択した場合に比べ、5年無病生存率の向上が期待できる。

タモキシフェン」、「フェマーラ」、「フェマーラゾメタ」治療を受けた人のそれぞれ4.2%、6.9%、9.1%の人がグレード3または4の有害事象を経験し、それぞれ7.3%、7.3%、16.6%の人が有害事象のため治療を中止した。

【発表】

2019年6月1日

【試験】

HOBOE(Phase 3)〔NCT00412022

【原著】

Eur J Cancer. 2019 Jun 1. [PMID: 31164265]