【悪性黒色腫:術後治療】「オプジーボ+ヤーボイ」vs「プラセボ」

Stage IVの人が手術または放射線療法を受けた後の治療を考える場合、「オプジーボヤーボイ」治療を選択することで、無再発生存期間の延長が期待できる。

オプジーボヤーボイ」治療を受けた人の71%がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。「オプジーボ」治療を受けた人では27%であった。「オプジーボヤーボイ」治療を受けた人の62%が治療関連有害事象のため治療を継続できなかった。「オプジーボ」治療を受けた人では13%であった。

【発表】

2020年5月16日

【試験名】

IMMUNED(Phase 2)〔NCT02523313

【原著】

Lancet. 2020 May 16 [PMID: 32416781]