【胃がん:維持療法】「バベンチオ」vs「化学療法」

「オキサリプラチン+フルオロピリジン系抗がん剤」による化学療法12週後に病勢が進行していなかった人が維持療法を考える場合、「バベンチオ」治療を選択しても「化学療法」を上回る生存期間は期待しにくい。

「化学療法」を受けた人の32.8%がグレード3以上の治療関連有害事象を経験したのに対し、「バベンチオ」治療を受けた人でグレード3以上の治療関連有害事象を経験したのは12.8%であった。

【発表】

2020年11月16日

【試験名】

JAVELIN Gastric 100(Phase 3)〔NCT02625610

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Nov 16  [PMID: 33197226]