【胃がん:一次治療(PFS)】「オプジーボ+化学療法」vs「化学療法」

転移または再発胃がんと診断された人が初めての治療を考える場合、化学療法(SOXまたはCapeOX)に「オプジーボ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

オプジーボ+化学療法」のグレード3または4の主な治療関連有害事象は、好中球数減少(20% vs 16%)、血小板数減少(9% vs 9%)。

本試験およびCheckMate 649試験の結果に基づき、2021年11月25日、「オプジーボ+化学療法」が「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」について承認された。

【発表】

2022年1月11日

【試験名】

ATTRACTION-4(Phase 3)〔NCT02746796

【試験参加国】

日本、韓国

【原著】

Lancet Oncol. 2022 ;23:234-247. [PubMed: 35030335]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】