【乳がん:術後治療(15年OS)】「ドセタキセル+カペシタビン→CE+カペシタビン」vs「ドセタキセル→CEF」

早期乳がんと診断された女性が手術後の治療を考える場合、「カペシタビン」を含めた化学療法を選択することで、15年生存率の向上が期待できる。

試験では、

が比較された。

【発表】

2022年1月12日

【試験名】

FinXX(Phase 3)〔NCT00114816

【原著】

J Clin Oncol. 2022 Jan 12. [PubMed: 35020465]

【こちらの図鑑も合わせて見る】