【腎細胞がん:一次治療(42ヵ月OS)】「オプジーボ+ヤーボイ」vs「スーテント」

中等〜高リスクの人が初めての治療を考える場合、「オプジーボヤーボイ」治療を選択することで42ヵ月無増悪生存率および生存率の向上が期待できる。

スーテント」治療を受けた人の42ヵ月無増悪生存率は、全集団で20%、中等〜高リスクの人で16%、低リスクの人で33%であった。「オプジーボヤーボイ」治療を受けた人の42ヵ月無増悪生存率は、全集団で32%、中等〜高リスクの人で33%。低リスクの人で27%であった。

【発表】

2020年7月

【試験名】

CheckMate 214(Phase 3)〔NCT02231749

【原著】

J Immunother Cancer. 2020 Jul;8(2). [PMID: 32661118]

【内部リンク】