【多発性骨髄腫:二次治療(ORR)】サークリサ

日本人で、再発または難治性の多発性骨髄腫と診断された33名が「サークリサ(20mg/kg)」単剤療法を受けた結果、36.4%の人が治療に奏効した。「サークリサ」治療を受けた33名中19名(57.6%)が有害事象を経験した。

サークリサ(20mg/kg)」単剤療法の主な有害事象は、注射部位反応 13名(39.4%)、 肺炎 2名(6.1%)、背部痛 2 例(6.1%)、血小板減少 2 例(6.1%)、 白血球減少 2 例(6.1%)であった。

【発表】

2020年10月15日

【試験名】

Islands/TED14095(Phase 1/2)〔NCT02812706

【試験実施国】

日本

【原著】

Cancer Sci. 2020 ;111:4526-4539. [PubMed: 32975869]