【レジメン図鑑】タブレクタ(MET陽性肺がん)

タブレクタ(一般名:カプマチニブ)」は、2020年6月29日、「MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の治療薬として承認されたMET阻害薬である。

タブレクタ単剤」治療は、MET遺伝子変異陽性Ⅳ期非小細胞肺がんに対し、行うよう推奨されているレジメンの一つである。

タブレクタ単剤」治療の主な副作用は、末梢性浮腫(52.6%)、悪心(37.1%)、血中クレアチニン増加(25.8%)、嘔吐(18.6%)、疲労(16.5%)、食欲減退(15.5%)、下痢(11.3%)、リパーゼ増加(11.3%)、ALT増加(10.3%)。

【承認日】

2020年6月29日

【効能及び効果】

MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

【さらに詳しく】

このレジメンの主なトライアルを見る

【トライアル図鑑】GEOMETRY mono-1(MET陽性肺がん)
【試験名】 GEOMETRY mono-1(Phase 2)〔NCT02414139/jRCT2080222990〕 【試験開始日】 2015年7月1日 【試験終了予定日】 2022年4月1日 【試験参加国】 日本(愛知県がんセンター、名古屋大学医学部附属病院、国立がん研究センタ ...
【MET陽性肺がん:一次治療(ORR)】タブレクタ
GEOMETRY mono-1(NEJM)                    METエクソン14スキッピング変異を有する非小細胞肺がんと診断された28名が初めての治療として「MET阻害薬 タブレクタ」治療を受けた結果、68%の人が治療に奏効した。 未治療の人でMET増幅を有し ...
【MET陽性肺がん:二次治療(ORR)】タブレクタ
GEOMETRY mono-1(NEJM)                     METエクソン14スキッピング変異非小細胞肺がんと診断され、何らかの治療を受けたことがある69名が「MET阻害薬 タブレクタ」治療を受けた結果、41%の人が治療に奏効した。MET増幅を有し、遺伝子 ...
【MET陽性肺がん(日本人):二次治療(ORR)】タブレクタ
GEOMETRY mono-1(Cancer Sci)                 METエクソン14スキッピング変異を有する非小細胞肺がんと診断され、何らかの治療を受けたことがある日本人11名が「タブレクタ」治療を受けた結果、36.4%の人が治療に奏効した。 【発表】 20 ...

 

他の治療選択肢を見る

【標準治療】MET遺伝子変異陽性非小細胞肺がん
MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性のⅣ期非小細胞肺がんに対して、「テプミトコ単剤治療」、「タブレクタ単剤治療」のいずれかを行うよう推奨されている。 ...
【レジメン図鑑】テプミトコ(MET陽性肺がん)
「テプミトコ(一般名:テポチニブ)」は、2020年3月25日、「MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の治療薬として承認されたMET阻害薬である。 「テプミトコ単剤」治療は、MET遺伝子変異陽性Ⅳ期非小細胞肺がんに対し、行うよう推奨さ ...
【レジメン図鑑】タブレクタ(MET陽性肺がん)
「タブレクタ(一般名:カプマチニブ)」は、2020年6月29日、「MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の治療薬として承認されたMET阻害薬である。 「タブレクタ単剤」治療は、MET遺伝子変異陽性Ⅳ期非小細胞肺がんに対し、行うよう推奨 ...
【明日のレジメン図鑑】ハイイータン(MET陽性肺がん)
「ハイイータン(一般名:グマロンチニブ)」は、2024年6月24日、「MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」に対して、承認されたMET阻害薬。この承認は、Phase 2試験『GLORY試験』の結果に基づく。 【承認日】 2024年6月 ...