【前立腺がん:ホルモン感受性】「アバスチン+アンドロゲン除去療法」vs「アンドロゲン除去療法」

ホルモン感受性の人は、アンドロゲン除去療法に「アバスチン」追加を選択することで、PSA非再燃生存期間の延長が期待できる。

試験では10.2ヵ月から13.3ヵ月に延長。

アバスチン」追加を選択した人の36%に、高血圧が現れた。

【発表】

2016年4月4日

【試験】

Phase 2

【原著】

J Clin Oncol . 2016 ;34:1913-20. [PMID:27044933]