【慢性リンパ性白血病:一次治療】「トレアキシン+リツキサン」vs「フルダラ+シクロホスファミド+リツキサン」

初めての治療を考える場合、「トレアキシンリツキサン(BR療法)」を選択しても「フルダラシクロホスファミドリツキサン(FCR療法)」に劣らない無増悪生存期間は期待しにくい。

重篤な好中球減少症および感染症は「フルダラシクロホスファミドリツキサン」治療を受けた人でより多く経験した(好中球減少症:84% vs 59%、感染症:39% vs 25%)。

【発表】

2016年5月20日

【試験名】

CLL10(Phase 3)〔NCT00769522

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:928-42. [PMID:27216274]

【さらに詳しく】