【HER2低発現乳がん:二次治療(PFS)】「エンハーツ」vs「化学療法」

HER2低発現かつHR陽性の転移性乳がんと診断され、1または2ラインの化学療法を受けた女性が次の治療を考える場合、「エンハーツ」治療を選択することで、「化学療法(カペシタビンハラヴェンゲムシタビンパクリタキセルアブラキサンより医師が選択)」を上回る無増悪生存期間と生存期間が期待できる。

HER2低発現かつHR陽性の場合、「エンハーツ」治療を受けた52.6%の女性で治療が奏効し(vs 16.3%)、10.7ヵ月奏効が持続した(vs 6.8ヵ月)。

HER2低発現かつHR陰性の転移性乳がんの女性においても「化学療法」を上回る無増悪生存期間と生存期間が期待できる。無増悪生存期間は「化学療法」を選択した場合、2.9ヵ月であったが、「エンハーツ」治療を選択した場合、8.5ヵ月と有意に長く(HR 0.46 95%CI 0.24-0.89)、生存期間は「化学療法」を選択した場合、8.3ヵ月であったが、「エンハーツ」治療を選択した場合、18.2ヵ月と有意に長かった(HR 0.48 95%CI 0.24-0.95)。

HER2低発現かつHR陰性の場合、「エンハーツ」治療を受けた50.0%の女性で治療が奏効した(vs 16.7%)。

エンハーツ」治療を受けた52.6%の女性がグレード3以上の有害事象を経験し、化学療法を受けた女性では67.4%がグレード3以上の有害事象を経験した。

【発表】

2022年6月5日

【試験名】

DESTINY-Breast04(Phase 3)〔NCT03734029

【原著】

N Engl J Med. 2022 ;387:9-20.  [PubMed: 35665782]

【さらに詳しく】