【BRAF陽性甲状腺がん:二次治療(ORR)】「ビラフトビ+メクトビ」

BRAFV600E遺伝子変異陽性の進行甲状腺がんと診断され、何らかの治療を受けた日本人22名が「ビラフトビメクトビ」治療を受けた結果、54.5%の人が治療に奏効した。1年無増悪生存率は78.8%、1年生存率は81.8%であった。

【発表】

2024年2月12日

【試験名】

Phase 2〔jRCT2011200018

【試験参加国】

日本(北海道大学病院、国立がん研究センター東病院、九州医療センター、がん研究会有明病院、信州大学医学部附属病院、日本医科大学付属病院、神戸大学医学部附属病院、東北大学病院、愛知県がんセンター、金沢大学附属病院)

【原著】

Thyroid. 2024 Feb 12.  [PubMed: 38343359]