【ER陽性乳がん:二次治療(PFS)】「カピバセルチブ+フェソロデックス」vs「フェソロデックス」

ER陽性かつHER2陰性の局所進行または転移性乳がんと診断され、アロマターゼ阻害薬治療後に病勢が進行した女性が次の治療を考える場合、「フェソロデックス」治療に「カピバセルチブ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

カピバセルチブフェソロデックス」治療の主なグレード3または4の有害事象は、高血圧(32% vs 24%)、下痢(14% vs 4%)、皮疹(20% vs 0%)、感染症(6% vs 3%)、倦怠感(1% vs 4%)。

【発表】

2020年2月5日

【試験名】

FAKTION(Phase 2)〔NCT01992952

【原著】

Lancet Oncol. 2020 ;21: 345-357. [PubMed: 32035020]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】