【大腸がん:四次治療(OS)】「フルキンチニブ+支持療法」vs「支持療法」

FRESCO-2(Lancet)                       

遠隔転移を有する大腸がんと診断され、あらゆる標準治療を受けた人が次の治療を考える場合、「支持療法」に「フルキンチニブ」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2023年6月14日

【試験名】

FRESCO-2(Phase 3)〔NCT04322539jRCT2041200099

【試験参加国】

日本(愛知県がんセンター、国立がん研究センター東病院、四国がんセンター、九州がんセンター、北海道大学病院、聖マリアンナ医科大学病院、近畿大学病院、静岡がんセンター、国立がん研究センター中央病院)、米国、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、チェコ、エストニア、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポーランド、スペイン、英国

【原著】

Lancet 2023; 402: 41–53.  [PubMed: 37331369]

【さらに詳しく】

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【明日のレジメン図鑑】フルキンチニブ(大腸がん:三次治療)
「フルキンチニブ」が前治療歴を有する転移性大腸がんに対して、2023年9月29日に承認申請された。この申請は、Phase 3試験『FRESCO-2試験』および『FRESCO試験』の結果に基づく。 【承認申請日】 2023年9月8日 【効能及び効果】 前治療歴を有する転移性大腸癌 ...
【大腸がん:三次治療】「フルキンチニブ+支持療法」vs「支持療法」
FRESCO(JAMA)                          遠隔転移を有する大腸がんと診断され、2ライン以上の治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「支持療法」に「フルキンチニブ」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。 「フルキンチニブ」 ...
【大腸がん:四次治療(OS)】「フルキンチニブ+支持療法」vs「支持療法」
FRESCO-2(Lancet)                        遠隔転移を有する大腸がんと診断され、あらゆる標準治療を受けた人が次の治療を考える場合、「支持療法」に「フルキンチニブ」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。 【発表】 2023年6月1 ...