【乳がん(HR陽性):術前治療(4年OS)】「エピルビシン+パクリタキセル+シクロホスファミド」vs「パクリタキセル+ドキシル」

手術可能なハイリスクHR陽性、HER2陰性乳がんと診断された女性が手術前の治療として「intense dose-dense EPC(エピルビシンパクリタキセルシクロホスファミド)療法」を選択しても「パクリタキセルドキシル治療を選択した場合を上回る4年生存率、4年無浸潤性疾患生存率が期待できる。

【発表】

2021年11月17日

【試験名】

GeparOcto(Phase 3)〔NCT02125344

【原著】

Eur J Cancer. 2021 Nov 17. [PMID: 34801353]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】