【ALK陽性肺がん:二次治療】アルンブリグ

ALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんと診断され、アレセンサを含むALK阻害薬治療歴がある日本人47名(うち12名は「ALK阻害薬 ザーコリ」治療歴あり)が「ALK阻害薬 アルンブリグ」治療を受けた結果、34%の人が治療に奏効した。

【発表】

2020年11月25日

【試験名】

J-ALTA(Phase 2)〔NCT03410108

【試験実施国】

日本(愛知県がんセンター中央病院、名古屋大学医学部附属病院、藤田医科大学病院、国立がん研究センター東病院、四国がんセンター、久留米大学病院、北海道がんセンター、兵庫県立がんセンター、神戸市立医療センター中央市民病院、金沢大学医学部附属病院 、岩手医科大学附属病院、神奈川県立がんセンター、松阪市民病院、仙台厚生病院、倉敷中央病院、関西医科大学附属病院、近畿大学医学部附属病院、埼玉県立がんセンター、静岡がんセンター、自治医科大学附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京都立がん・感染症センター駒込病院、国立がん研究センター中央病院、がん研有明病院、千葉大学医学部附属病院、九州大学病院、九州がんセンター、京都大学医学部附属病院、新潟県立がんセンター新潟病院、岡山大学病院、大阪市立総合医療センター、大阪国際がんセンター、和歌山県立医科大学附属病院)

【原著】

J Thorac Oncol. 2021 ;16:452-463.  [PubMed: 33248320]

【こちらの図鑑も合わせてみる】

【さらに詳しく】