【HER2陽性乳がん:三次治療(PFS)】「パージェタ+ハーセプチン+化学療法」vs「ハーセプチン+化学療法」

HER2陽性局所進行または転移性乳がんと診断され、パージェタハーセプチン、化学療法の治療歴がある女性が次の治療を考える場合、「ハーセプチン+化学療法(ドセタキセルパクリタキセルアブラキサンハラヴェンカペシタビンゲムシタビンのいずれかより主治医が選択)」治療に「パージェタ」の再投与を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2022年6月26日

【試験名】

JBCRG-M05/PRECIOUS(Phase 3)〔UMIN000018202

【試験実施国】

日本

【原著】

Cancer Sci . 2022 Jun 26. [PubMed: 35754298]

【さらに詳しく】