【消化管神経内分泌腫瘍:一次治療(PFS)】「ルタテラ+サンドスタチン」vs「サンドスタチン」

NETTER-2                             

グレード2または3のソマトスタチン受容体陽性の消化器神経内分泌腫瘍と診断された人が初めての治療を考える場合、「ルタテラサンドスタチン」治療を選択することで「高用量サンドスタチン」治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。

【学会発表】

2024年1月20日

【試験名】

NETTER-2(Phase 3)〔NCT03972488

【試験参加国】

米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、オランダ、スペイン、英国

【さらに詳しく】