【レジメン図鑑】オプジーボ+シスプラチン+ゲムシタビン(肺がん:術前治療)

オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」について、非小細胞肺癌における術前補助療法に対する、化学療法との併用療法(最大3サイクル)が2023年3月27日に承認された。この申請は、Phase 3試験『CheckMate 816』の結果に基づく。

『CheckMate 816』では、扁平上皮非小細胞肺がんと診断された人が50.8%含まれており、扁平上皮非小細胞肺がんに対しては、オプジーボ 1回 360mg、ゲムシタビン1回1,000mg/m2(または1,250mg/m2)、シスプラチン1回75mg/m2を3週間間隔で最大3サイクル点滴静注、またはオプジーボ1回360mg、パクリタキセル1回175mg/m2(または200mg/m2)、カルボプラチン1回AUC5 mg/mL・min(または6 mg/mL・min)を3週間間隔で最大3サイクル点滴静注した。ゲムシタビンは各サイクル1日目および8日目に点滴静注された。また、シスプラチンに対する忍容性がないと判断された場合には、シスプラチンカルボプラチン1回AUC5 mg/mL・min(または6 mg/mL・min)に変更可能とされた。

【承認日】

2023年3月27日

【効能及び効果】

非小細胞肺癌における術前補助療法

【さらに詳しく】