【慢性リンパ性白血病:二次治療】「イムブルビカ+トレアキシン+リツキサン」vs「トレアキシン+リツキサン」

1ライン以上の治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「トレアキシンリツキサン」に「イムブルビカ」の上乗せを選択することで、18ヵ月無増悪生存率の向上が期待できる。

主な有害事象は好中球減少症、悪心。試験ではグレード3または4の有害事象は「イムブルビカトレアキシンリツキサン」治療を受けた77%( vs 74%)の人が経験した。主なグレード3または4の有害事象は好中球減少症(54% vs 51%)、血小板減少症(15% vs 15%)。

【発表】

2015年12月4日

【試験名】

HELIOS(Phase 3)〔NCT01611090

【原著】

Lancet Oncol. 2016;17:200-211. [PubMed: 26655421]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】