【尿路上皮がん:一次治療(OS、PFS)】「キイトルーダ+パドセブ」vs「化学療法」

EV-302/KEYNOTE-A39                      

局所進行性または転移性尿路上皮がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「キイトルーダパドセブ」治療を選択することで「化学療法(ゲムシタビンシスプラチン(またはカルボプラチン))」を選択するした場合を上回る生存期間、無増悪生存期間が期待できる。

【学会発表】

2023年10月22日

【試験開始日】

2021年6月4日

【試験終了予定日】

2027年9月30日

【試験名】

KEYNOTE-A39/EV-302(Phase 3)〔NCT04223856jRCT2031200284

【試験参加国】

日本、米国、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、ハンガリー、イスラエル、イタリア、韓国、オランダ、ポーランド、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、台湾、タイ、トルコ、英国

【さらに詳しく】