【中腸神経内分泌腫瘍(PFS)】「ルタテラ+サンドスタチン」vs「サンドスタチン」

ソマトスタチン受容体陽性の高分化型の転移性中腸神経内分泌腫瘍と診断された人は「サンドスタチン」に「ルタテラ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

ルタテラサンドスタチン」治療を受けた18%の人が治療に奏効した(vs 3%, p<0.001)。

【発表】

2017年1月12日

【試験名】

NETTER-1(Phase 3)〔NCT01578239

【原著】

N Engl J Med. 2017 ;376:125-135. [PMID: 28076709]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】