【ER陽性乳がん:一次治療(PFS)】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」

PALOMA-2(NEJM)                       

ER陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」に「イブランス」治療の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では、「フェマーラ」治療に「イブランス」を上乗せすることで、無増悪生存期間が14.5ヵ月から24.8ヵ月に延長(p<0.001 )。

主なグレード3 または 4 の有害事象は、好中球減少症(66.4% vs. 1.4%)、白血球減少症(24.8% vs. 0%)、貧血(5.4% vs 1.8%)、疲労(1.8% vs 0.5%)。発熱性好中球減少症は、「イブランスフェマーラ」治療を受けた 1.8%(vs 0%)の人が経験した。

【発表】

2016年11月17日

【試験】

PALOMA-2(Phase 3)〔NCT01740427/jRCT2080222282

【試験参加国】

日本(愛知県がんセンター、国立がん研究センター東病院、四国がんセンター、北海道がんセンター、熊本市民病院、埼玉県立がんセンター、国立がん研究センター中央病院、千葉県がんセンター、九州がんセンター、広島市立広島市民病院、岩手医科大学附属病院、相良病院、熊本大学医学病院、新潟県立がんセンター新潟病院、大阪医療センター)、米国、オーストラリア、ベルギー、カナダ、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、韓国、ポーランド、ロシア、スペイン、台湾、ウクライナ、英国

【原著】

N Engl J Med. 2016;375:1925-36. [PubMed:27959613]

【さらに詳しく】

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【ER陽性乳がん:一次治療(PFS)】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」
PALOMA-2(NEJM)                        ER陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」に「イブランス」治療の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。 試験では、「フェマーラ」治療に「 ...
【ER陽性乳がん:一次治療(OS)】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」
PALOMA-2(JCO)                         ER陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」に「イブランス」治療の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。 ...
【ER陽性乳がん(日本人):一次治療】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」
PALOMA-2(Int J Clin Oncol)                   日本人でも、ER陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」にCDK4/6阻害薬「イブランス」治療追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待で ...
【ER陽性乳がん(アジア人):一次治療(PFS)】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」
PALOMA-2(J Glob Oncol)                     アジア人でも、ER陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」に「イブランス」治療の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。 「イブラ ...