【HR陽性乳がん:術後治療】「内分泌療法」vs「化学内分泌療法」

HER2陰性HR陽性早期乳がんと診断され、腋窩リンパ節転移が1〜3個あり、再発スコアが25以下であった閉経前の女性が、手術後の補助療法を考える場合、内分泌療法に化学療法の上乗せを選択することで5年無浸潤性疾患生存率の向上が期待できる。一方、リンパ節転移陽性であっても閉経後女性は術後化学療法の省略が可能か。

【発表】

2021年12月1日

【試験名】

RxPONDER(Phase 3)〔NCT01272037

【原著】

N Engl J Med. 2021 ;385:2336-2347.  [PubMed: 34690081]

【さらに詳しく】