【ⅡB-ⅡC期悪性黒色腫:術後治療(1年RFS)】「キイトルーダ」vs「プラセボ」

ⅡB期またはⅡC期の悪性黒色腫と診断された人が手術後の治療を考える場合、「キイトルーダ(最長1年投与)」を選択することで1年無再発生存率の向上が期待できる。

キイトルーダ」治療を受けた16%がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した(vs 4%)。

【発表】

2022年3月31日

【試験名】

KEYNOTE-716(Phase 3)〔NCT03553836

【試験参加国】

オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、日本、ポーランド、南アフリカ、スペイン、スイス、英国、米国

【原著】

Lancet 2022; 399: 1718–29. [PubMed: 35367007]

【さらに詳しく】