【HR陽性乳がん:一次治療(OS)】「リボシクリブ+フェマーラ」vs「フェマーラ」

MONALEESA-2(NEJM)                     

ホルモン受容体陽性HER2陰性の再発または転移性乳がんと診断された女性が初めての治療を考える場合、「フェマーラ」治療にCDK4/6阻害薬「リボシクリブ」治療の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

リボシクリブ」の日本での開発は中止されている。

【発表】

2022年3月10日

【試験名】

MONALEESA-2(Phase 3)〔NCT01958021

【原著】

N Engl J Med 2022; 386:942-950.  [PubMed: 35263519]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】