【尿路上皮がん:三次治療(OS)】「パドセブ」vs「化学療法」

プラチナ製剤を含む化学療法および抗PD-1抗体による治療歴のある人が次の治療を考える場合、「パドセブ」治療を選択することで、化学療法(ドセタキセル75mg/m2パクリタキセル175mg/m2ビンフルニン320mg/m2のいずれかを主治医が選択)を上回る生存期間が期待できる。

パドセブ」治療を受けた人の40.6%が治療に奏効した。これは化学療法の奏効率17.9%より有意に高かった(p<0.001)。

パドセブ」治療を受けた人の51.4%がグレード3以上の有害事象を経験した(vs 49.8%)。

【発表】

2021年2月12日

【試験名】

EV-301(Phase 3)〔NCT03474107

【試験実施国】

日本(京都大学医学部附属病院、横浜市立大学附属 市民総合医療センター、岡山大学病院、広島市立広島市民病院、東北大学病院、富山大学附属病院、札幌医科大学附属病院、日本医科大学附属病院、香川大学医学部附属病院、弘前大学医学部附属病院、山口大学医学部附属病院、がん研有明病院、慶應義塾大学病院、国立がん研究センター東病院、千葉県がんセンター、近畿大学病院、新潟大学医歯学総合病院、岩手医科大学附属病院、九州大学病院、筑波大学附属病院、徳島大学病院、大阪国際がん研究センター、原三信病院、大阪医科大学附属病院)、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、オランダ、ポルトガル、ロシア、スペイン、スイス、台湾、英国、米国

【原著】

N Engl J Med. 2021 ;384:1125-1135. [PubMed: 33577729]

【さらに詳しく】