【近未来のレジメン図鑑】キイトルーダ+パドセブ(尿路上皮がん)

2024年1月31日、「キイトルーダパドセブ」併用療法が「局所進行または転移を有する尿路上皮がん」を対象に承認申請された。この申請は、Phase 3試験『EV-302/KEYNOTE-A39試験』の結果に基づく。

【承認申請日】

2024年1月31日

【効能及び効果】

局所進行または転移を有する尿路上皮癌

【さらに詳しく】

 

トライアルの詳細を見る

【尿路上皮がん:一次治療(OS、PFS)】「キイトルーダ+パドセブ」vs「化学療法」
EV-302/KEYNOTE-A39                       局所進行性または転移性尿路上皮がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「キイトルーダ+パドセブ」治療を選択することで「化学療法(ゲムシタビン+シスプラチン(またはカルボプラチン))」を選択する ...