【EGFR陽性肺がん:術後治療(2年DFS)】「タグリッソ」vs「プラセボ」

Stage II-IIIAで、EGFR遺伝子変異を有する人は手術後に「タグリッソを用いた補助療法」を選択することで、2年後もがん病変がなく生活できる可能性が高まる。試験では「タグリッソを用いた補助療法」を受けることで44%から90%に向上した。

タグリッソを用いた補助療法」を受けることで2年無病生存率が、Stage IBの人では56%から91%に向上し(HR 0.17(95%CI 0.08-0.31))、Stage IIIAの人では32%から88%に向上し(HR 0.17(95%CI 0.08-0.31))、Stage IIIAの人では32%から88%に向上した(HR 0.12(95%CI 0.07-0.20))。

また、「タグリッソを用いた補助療法」を受けることで2年後もCNS病変がなく生活できる可能性も高まる。試験では「タグリッソを用いた補助療法」を受けることで85%から98%に向上した(HR 0.18(95%CI 0.10-0.33))。

タグリッソ」治療を受けた337名のうち68名(20%)がグレード3以上の有害事象を経験し(vs 13%)、間質性肺疾患を10名(3%)の人が経験した。 5%以上の人が経験したグレード3以上の有害事象はなかった。有害事象のために「タグリッソ」治療を受けた24%(vs 11%)が投与中断、9%(vs 1%)が減量、11%(vs 3%)が中止した。

本試験の結果に基づいて、2021年8月30日、「タグリッソ」が「EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんにおける術後補助療法」に対し、申請を行ったことを発表し、2022年8月24日、承認された。

【発表】

2020年9月19日

【試験名】

ADAURA(Phase 3)〔NCT02511106

【試験参加国】

日本、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、イスラエル、、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、韓国、ルーマニア、ロシア、スペイン、スウェーデン、台湾、タイ、トルコ、ウクライナ、米国、ベトナム

【原著】

N Engl J Med 2020;383:1711-23.  [PubMed: 32955177]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】