【肺がん:一次治療(OS)】「キイトルーダ+カルボプラチン+アリムタ」vs「カルボプラチン+アリムタ」

手術ができない非扁平上皮非小細胞肺がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「カルボプラチンペメトレキセド」に「キイトルーダ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

カルボプラチンペメトレキセド」治療を受けた人の70%が病勢進行後に「キイトルーダ」を含む治療を実施した。生存期間は統計学的有意差に至らなかったが、「キイトルーダカルボプラチンペメトレキセド」治療を受けた人は34.5ヵ月生存したのに対し、「カルボプラチンペメトレキセド」治療を受けた人の生存期間は21.1ヵ月であった。

キイトルーダカルボプラチンペメトレキセド」治療を受けた人の39%がグレード3〜5の有害事象を経験し、「カルボプラチンペメトレキセド」治療を受けた人は31%の人がグレード3〜5の有害事象を経験した。

【発表】

2020年10月15日

【試験名】

KEYNOTE-021 Cohort G(Phase 2)〔NCT02039674

【原著】

J Thorac Oncol. 2020 Oct 15.

【内部リンク】