【胃がん:二次治療】トリパリマブ

化学療法を受けたことがある人が抗PD-1抗体「トリパリマブ」治療を受けた結果、12.1%の人で奏効が得られた。

生存期間は腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高い人で長く、高TMBの人では14.6ヵ月であった。

トリパリマブ」治療を受けた77.6%の人が治療関連有害事象を経験し、22.4%の人がグレード3以上の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2019年6月24日

【試験】

Phase 1b/2〔NCT02915432

【原著】

Ann Oncol. 2019 Jun 24. [PMID:31236579]

【内部リンク】