【乳がん:術後放射線療法(15年OS)】「リンパ節照射+全乳房照射」vs「全乳房照射」

早期乳がんの女性が手術後の治療を考える場合、「全乳房照射(または胸壁照射)」に「リンパ節照射」の上乗せを選択しても、15年生存率の向上は期待にしくい。

「全乳房照射」に「リンパ節照射」の上乗せを選択することで、術後15年以内の乳がん再発率、乳がん死亡率の低減が期待できるが、無病再発率、無遠隔転移率の向上は期待しにくい。

【発表】

2020年11月2日

【試験名】

EORTC 22922/10925 (Phase 3)〔NCT00002851

【原著】

Lancet Oncol.2020; Nov 2.  [PMID: 33152277]

【内部リンク】