【肺がん(PD-L1発現量別):一次治療(OS、PFS、1年OS、1年PFS)】「オプジーボ+ヤーボイ+化学療法」vs「化学療法」

初めての治療を考える場合、PD-L1発現腫瘍細胞の割合に関係なく、「オプジーボヤーボイ+化学療法(2サイクル)」治療を選択することで「化学療法(4サイクル)」を上回る無増悪生存期間、生存期間が期待できる。

PD-L1発現腫瘍細胞の割合が50%以上の場合
1年生存率は「オプジーボヤーボイ+化学療法」治療を受けた人で70%、化学療法を受けた人で51%であった。1年無増悪生存率は「オプジーボヤーボイ+化学療法」治療を受けた人で40%、化学療法を受けた人で20%であった。

PD-L1発現腫瘍細胞の割合が1 – 49%の場合
1年生存率は「オプジーボヤーボイ+化学療法」治療を受けた人で63%、化学療法を受けた人で43%であった。1年無増悪生存率は「オプジーボヤーボイ+化学療法」治療を受けた人で31%、化学療法を受けた人で16%であった。

PD-L1発現腫瘍細胞の割合が1 %未満の場合
1年無増悪生存率は「オプジーボヤーボイ+化学療法」治療を受けた人で31%、化学療法を受けた人で15%であった。

【発表】

2021年1月18日

【試験名】

CheckMate 9LA(Phase 3)〔NCT03215706

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 198–211  [PMID: 33476593]

【内部リンク】

【さらに詳しく】