【乳がん(ER陽性):術後治療(20年DRFI)】「ゾラデックス2年投与」vs「経過観察」

切除可能なER陽性乳がんと診断された女性が手術後の補助内分泌療法を考える場合、「ゾラデックス2年投与」を選択しすることで20年無遠隔転移生存率の向上が期待できる。「ゾラデックス」治療への「タモキシフェン」の上乗せは何の効果ももたらさない。

【発表】

2022年7月21日

【試験名】

STO-5

【原著】

J Clin Oncol. 2022 Jul 21. [PubMed: 35862873]

【さらに詳しく】