【トリプルネガティブ乳がん:一次治療】「キイトルーダ+化学療法」vs「化学療法」

トリプルネガティブ乳がんの人が初めての治療を考える場合、「化学療法(アブラキサンパクリタキセルゲムシタビンカルボプラチン)」に「キイトルーダ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。この効果はPD-L1発現細胞の割合が高い人ほど期待できる。

ただ、PD-L1発現細胞の割合が1%未満の人では、化学療法を受けた人で6.2ヵ月であったのに対し、「キイトルーダ+化学療法」を受けた人でも6.3ヵ月であり、無増悪生存期間の延長は認められなかった(HR 1.08 95%CI 0.77-1.53)。

化学療法を受けた67%の人がグレード3~5の治療関連有害事象を経験し、「キイトルーダ+化学療法」を受けた人では68%が経験した。

【発表】

2020年12月5日

【試験名】

KEYNOTE-355(Phase 3)〔NCT02819518

【原著】

Lancet 2020; 396: 1817–28.  [PMID: 33278935]

【外部リンク】