【腎細胞がん:一次治療】「オプジーボ+カボメティクス」vs「スーテント」

淡明細胞型腎細胞がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「オプジーボカボメティクス」併用療法を選択することで、「スーテント」単独治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間、1年生存率が期待できる。

オプジーボカボメティクス」治療の奏効率は55.7%であり、「スーテント」治療の27.1%を有意に上回った(p<0.001)。

オプジーボカボメティクス」治療を受けた75.3%の人がグレード3以上の有害事象を経験した(vs 70.6%)、19.7%の人が1つ以上の薬剤を中止し、5.6%の人が両方の薬剤を中止した。

【発表】

2021年3月4日

【試験名】

ChekMate 9ER(Phase 3)〔NCT03141177

【原著】

N Engl J Med 2021; 384:829-841  [PMID: 33657295]

【外部リンク】