【MSI-H/dMMR大腸がん:一次治療】「キイトルーダ」vs「化学療法」

MSI-HまたはdMMRの人が初めての治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、化学療法(5-FUを含むレジメン単独、またはアバスチンもしくはアービタックスと併用)を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。

キイトルーダ」治療を43.8%が治療に奏効し、化学療法を受けた33.1%が治療に奏効した。奏効した人が2年後も奏効が持続していた割合は、「キイトルーダ」治療を受けた人で83%であったのに対し、化学療法を受けた人では35%であった。

キイトルーダ」治療を受けた22%の人がグレード 3 以上の治療関連有害事象を経験した。一方、化学療法を受けた人では 66%がグレード 3 以上の治療関連有害事象を経験した。

本試験の結果を受けて、2020年9月10日、「キイトルーダ」が「切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸がん」の適応に対して一変申請された。

【発表】

2020年12月3日

【試験名】

KEYNOTE-177(Phase 3)〔NCT02563002

【外部リンク】

N Engl J Med. 2020;383:2207-2218. [PMID: 33264544]

【外部リンク】