【BRAF陽性悪性黒色腫:一次治療】「キイトルーダ+タフィンラー+メキニスト」vs「タフィンラー+メキニスト」

BRAFV600E/K変異陽性の人が初めての治療を考える場合、「タフィンラーメキニスト」治療に「キイトルーダ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

キイトルーダタフィンラーメキニスト」治療の2年無増悪生存率は41.0%(vs 16.3%)、2年生存率は63.0%(vs 51.7%)であった。

キイトルーダタフィンラーメキニスト」治療を受けた58%(vs 25%)がグレード3以上の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2020年12月24日

【試験名】

KEYNOTE-022(Phase1/2)〔NCT02130466

【原著】

J Immunother Cancer. 2020 ;8:e001806.  [PMID: 33361337]